そもそもプロ家庭教師とは何なのか

家庭教師の広告に「プロ家庭教師」というワードを見かける事があります。また、「学生教師〜円」「プロ家庭教師〜円」などと、教師のステータスやレベルによって授業料が分けられて提示されています。もちろん、折角家庭教師を頼むなら、きちんと成績を上げてくれそうなプロが良いに決まっています。しかし、その分授業料も多く取られるわけです。「プロ」という言葉通りの実力や授業の成果に見合った金額ならまだ払えますが、そうでなければわざわざ高い金額に設定されている教師に頼む理由が見つかりません。むしろ、生徒と打ち解けやすい学生教師の方が、成績が伸びるかもしれません。そもそも「プロ」の家庭教師とはどういった人達の事を指すのでしょうか。どの様に「プロ」と認定を受けるのでしょうか。

「プロ」は資格の名称ではない⁉︎

「プロ家庭教師」は、国家資格の名称などではないので、明確な定義はなく、各会社や個人がそれぞれに定義を持っています。「プロ」という言葉自体は「専門職の」「職業上の」という意味になりますから、「家庭教師」の収入で食べている人ということになります。ただし、家庭教師の派遣会社などが「プロ」に定める定義の多くは、大学生・大学院生ではない家庭教師や、会社員の副職ではない家庭教師を指す事が多い様です。このくくりの中には、塾講師など指導系の仕事と兼任している人や、個人塾を運営しながら家庭教師をしている人、学生ではないが資格試験などの取得までの浪人期間に家庭教師をしている人なども「プロ家庭教師」となりえます。よって、「プロ」と設定されている家庭教師の中にも色々なレベルの教師がいるという事を理解しておいた方が良いのです。

参考にしたい「プロ」のレベルわけ

「プロ」の家庭教師を派遣している会社の中には、「トッププロ」や「セミプロ」などとレベルわけをしているところがあります。もちろん、これらの定義も会社独自のものではありますが、ただ、「プロ」と一色単にくくられるよりは、選択の幅が広がり、安心感があります。例えば、ある会社の「セミプロ」と「プロ」の違いは受験指導や学習指導の経験年数によって定められています。また、ある会社の「セミプロ」と「プロ」の違いは、学生以外で、他に仕事をしている人を「セミプロ」、その会社の家庭教師のみの仕事をしている人を「プロ」としているところもあります。家庭教師として採用されているわけですからそれぞれそれなりの学力や指導力は採用時に計られてはいますが、やはり経験年数やその実力で分けられていた方が選ぶ方としては安心かもしれません。

無料体験授業のお申込みも承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 生徒さんに合わせた指導で夢の実現を全力サポートしております。 学士以上・専門的な資格を持つ【スタンダードプロ】の先生のクラスも存在します。 【一人で勉強するには限界がある】、しっかりとサポートしていただけます。 家庭教師サービスを提供するため家庭教師のLNSでは全国各地に家庭教師の派遣を行っています。 プロの家庭教師で受験合格