プロ家庭教師のレベルを見極めるコツ

プロ家庭教師のレベルを見極めるには、主に2つの方法があります。一つの方法は、これまでの実績です。指導の年数、合格させた学校から実績が分かります。これらの情報は、派遣会社のホームページに載っていることがあるので、参考にしましょう。一般に長い間仕事をしている人ほど教え方が巧くて、生徒の成績を伸ばすことができます。もう一つの方法は、体験授業です。体験授業を受けて、その人の教え方をみるようにします。その時に、大切なことは生徒を尊重する姿勢です。受験では先生が主役ではなく、生徒が主役になります。一方的に話をする先生は避けた方が良い場合があります。そのような態度ではなく、生徒に考えることや表現することを求める先生にしましょう。体験授業は何回でも可能です。

家庭教師のこれまでの実績を見極める

プロ家庭教師の実績を見極めるには、派遣会社のホームページが役立ちます。ほとんどの会社が、そこに先生の実績を掲載しています。指導の年数が長い先生を選びましょう。10年以上が理想です。それぐらい長く教えていると、いろいろな生徒に接しているので効率の良い教え方ができます。もし可能だったら、複数の科目を教えられる先生を選びましょう。数人の先生に教えてもらうより、一人の先生に教えてもらった方が、生徒は勉強がしやすいです。ただし、高校生の場合は、教科ごとに教えてもらいましょう。専門性が高いので、一人でいくつも教えるのは楽ではありません。プロの先生は、高額な参考書を必要としません。教科書があれば、十分です。高い教材をかわせようとするところは、避けるようにしましょう。

体験授業を受けて先生の教え方をみる

プロ家庭教師を頼むときは、必ず体験授業を受けるようにしましょう。それを受けて、まず生徒との相性をチェックします。これは重要なポイントです。その先生の話が分かりやすいと感じたら、相性は良いことが多いです。男性と女性の先生がいますが、女性の生徒の場合は女性の先生が適していることがあります。特に中学生は、その傾向が強いです。異性を意識しだす年代なので、男性の先生だったら、勉強に集中できないことがあります。または、男性の先生を敬遠する生徒もいます。教えるときの態度にも注目しましょう。一方的に話す先生は、避けた方が無難です。それよりも、生徒に質問したり、生徒の話を引き出そうとする人を選びましょう。このような態度をとれる人だったら、生徒の力を伸ばせます。